+450円!!!

stock-investment20210914 日本株投資

保有割合の過半を占めるのが自動車関連銘柄の時点で逆風まっただ中です。こんな上げ相場の時に全くついていかず離される一方。年初来パフォーマンスでは日経平均やジャスダックにも抜かれ、TOPIXにはダブルスコアで離されました。そんな主力銘柄は今日も下落から始まり、何とか値を戻し横横へ。グロース2銘柄が下げ、鳥羽洋行等がやや上げ、全体で450円の+でした。8月決算後間もなく売ったソニーGと大王製紙は年高値間近まで来ており、持ち続けていたら何十万円も違っていましたが、これは前回コロナショック時と違い、事前に決めていたタイミングでの売りですので、言いますまい。かなり大きな部分を売ったわけで、キャッシュポジションは増えている状態です。篠崎屋を買い増し、丸八HDを新規に買いましたが、まだ15%弱はキャッシュです。

9月は長期の統計によると一番株価が下がりやすく、特に後半は顕著だそうです。元ウオール街のヘッジファンドマネージャー高橋ダンさん曰く、この後重要なデータ発表や会合が控えており、ボラティリティーが出やすいだろうと。また、今年はこの長期の統計データがとても当てはまっている年だそうで、ここまで毎月その傾向だそうです。もし、この後大きな下落があった場合は買いに向かえるキャッシュがある状態です。ともあれ、基本は気絶投資。この保有銘柄の不調に鈍感になり、上昇相場を無視し、保有し続けるスタンスです。

タイトルとURLをコピーしました