2021-01

日本株投資

保有銘柄3880大王製紙5日続落

ウイズコロナグローステックのごとく昇竜の株価上昇を見せていた現在PF内で含み益率トップの大王製紙ですが、出来高を伴い大きな包み足陰線を描いて急落後、続落中。含み益を大きく減らしています。
日本株投資

保有銘柄2926篠崎屋が今日も一時ストップ高に

納豆がコロナに有効な成分を含むという報道、更に健康食材としてテレビで取上げられる、等の材料で急騰中の豆腐製品小売り銘柄2926篠崎屋が、前日ストップ高から今日も一時ストップ高まで買われ、大分上ヒゲをつけて年高値とし、14%以上も続伸して引けています。
日本株投資

相場は見ない

相場は高すぎる、過熱感がある、危険なシグナルも出ている、という声も出ています。Wインバースやプットオプションでヘッジをする歴戦の投資家さんもちらほら。しかし私は経験浅いなりに、相場動向を見ずに個別のファンダメンタルズに基づいて投資をする姿勢です。
日本株投資

保有銘柄中で上がっている銘柄

含み益率トップは大王製紙。額トップはソニー。いきなり対コロナ連想材料でストップ高の篠崎屋も一気に含み益を伸ばし、ECグロースの日本の定番MonotaROも高い。
日本株投資

保有銘柄2926篠崎屋ストップ高に

いつもはTOPIXに大きく劣る上昇に留まるPFですが、今日は豆腐製品小売りの篠崎屋が動意付き、PF全体を引き上げ、TOPIXをアウトパフォームしました。
日本株投資

PF2位ソニー年高値、終値で目標株価到達

日経TOPIX下落する中、ソニーが年高値を更新し、終値で当初目標の目安としていた10,500円を超えてきました。
日本株投資

大発会は+発進のPF

緊急事態宣言発令の発表で旅客、飲食、不動産等下落。PFもそれら2銘柄もろに↓。しかし一方でマザーズが再び上昇。PFもグロース2銘柄が上昇し、相変わらず強い大王製紙とソニーに加え納豆が対コロナでにわかに注目?の篠崎屋が続伸と、強さが目立ち全体まずまず上昇。
日本株投資

2020年12月成績

+30,922円(+0.23%) 。年初来 -395,301円(-2.83%)。大王製紙好調。ソニーも上昇。東急不HD、篠崎屋もまずまず。主力の自動車関連銘柄もやや上昇。しかしグロース2銘柄、特にEC銘柄が相当下げ、全体としてはほぼ変わらず。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました