日本株投資

主力始め大きめ反落

出来高小ながら、保有銘柄は昨日と打って変わって指数以上に値を下げる銘柄が多く、大きめ反落。
日本株投資

8月は主力が上昇で好スタート

出来高は別になんですが、主力の自動車関連銘柄が好決算が出る前は全くと言っていいほど好相場についてこなかったのが、最近値動きが出るように?なってきたのか・・・TOPIX平均並みに株価を上げ、全体を引っ張りました。
日本株投資

2021年7月成績

7月成績 +47,950円 +0.33%  年初来 +925,354円 +6.83%  主要な指数は全下落のようですね。主力の自動車関連銘柄が好決算ながらあまり株価は変わっていませんが、地合の割にはいい方ということですね。
日本株投資

月末急落で月次利益ほとんど失うも7月+は維持

場中は相場を見ないんですが、一時おっかないくらい下げたようですね。主力は薄板で、そのくらいの時間帯に狼狽売りが少々?出たくらいで、それ以降出来高なく、下がったまま笑。全体では概ね指数より若干下げ幅抑えられているイメージで、TOPIXよりは落ちなかったくらい。
日本株投資

主力銘柄のチャートがカップウイズハンドルを形成しそう?

ずっと値動きが少なかった資産バリュー株の主力銘柄ですが、今第一四半期決算がかなりよく、ようやく出来高も出てきて、上昇傾向です。
日本株投資

保有銘柄2926篠崎屋 超保守的な通期予想

今期も再びコロナ影響で時短営業などもありつつ相当な業績アップの篠崎屋ですが、発表された通期予想は第4四半期の赤字幅を前年同期比で相当額多く見積もったもの。
日本株投資

主力銘柄の株価10年チャート

直近の第一四半期決算は単体としても史上最高レベル。通期に当てはめてももちろん史上最高ペース。しかし株価はコロナ前に及びません。
日本株投資

気絶投資法/検証編~2021年7月時点では~

コロナショックでは大分ポジションを変えてしまいました。LIFULLの損切りはファンダメンタルズが変わった(海外比率高く、コロナ打撃の大きいヨーロッパ子会社で減損が見込まれ、減益も大きく見込まれる)ので今でも正解と言える状態。しかしそれ以外は・・・
日本株投資

保有銘柄では主力のみ逆行高。他は全下落。

7月の相場は今日含めかなり厳しいですが、第一四半期決算がかなりよかった主力の自動車関連銘柄はさすがに少し良くて、今日も逆行高、保有銘柄全体の下落幅を狭めてくれています。
日本株投資

相場続落も保有銘柄は主力始め下げ幅は小さい銘柄が多い

下落相場ですが、主力の自動車関連銘柄(第一四半期絶好調)が下がらず、2位ソニーはきつめに下げましたが、全体的に保有銘柄は下げが抑えられたものが目立ち、全体の下落幅は大分抑えられています。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました