日本株投資

12銘柄中4銘柄(構成比率16%)が年初来+

何だかんだ石油5社の中では断トツで株価が停滞している保有銘柄のエネオスですが、年初来だと約20%の値上がりと、保有銘柄のトップで、大分全体の下落を和らげて引き上げてくれています。
日本株投資

主力の自動車関連銘柄の株価↑更に配当金+

保有銘柄のMonotaROが東証一部株価下落率ベスト10入り。しかしソフトバンクGがナスダック高、アリババ好決算大幅高につられ窓開け上昇。昨日下落の主力の自動車関連銘柄も少し戻し、さらにその下期の配当金も入り、全部含めると全体ではTOPIXをかなりアウトパフォーム。配当金無しだとTOPIX並の上昇でした。
日本株投資

保有クラウド銘柄崩壊年安値 全体はTOPIX弱の下落

相場は反落。年高値を更新してきたエネオスも一服。昨日謎に2%以上上昇した篠崎屋も全て戻し下げ、マザーズの倍以上の下落率だったクラウド銘柄はもう崩壊と言っていい。想像以上にひどい。この1銘柄の損失でエネオスなどの年初来の+を吹き飛ばす。全体では主力の自動車関連銘柄が微下げにとどめるなど、TOPIXより小幅安。
日本株投資

保有銘柄エネオス年高値 クラウド銘柄年安値

全面高の相場。マザーズは2.67%も上昇し、連動しやすい保有グロース2銘柄も大幅上昇・・・とはいかず、連日逆行安のクラウド銘柄が年率マイナス40%到達?年安値更新で歯止めかからず。エネオスは年初来高値ですが微続伸にとどめ、主力の自動車関連銘柄は相変わらず変わらず。全体ではTOPIXの3分の2程度の上昇でした。
日本株投資

年初来の保有銘柄の概況

指数は日経平均-7.1%、TOPIX-5.8%、マザーズ-33.5%。My保有銘柄-2.5%。健闘(?)の理由は、内訳は。
日本株投資

エネオス年高値 保有銘柄全体では小幅高

保有グロース2銘柄が最近ほんとに弱く、マザーズが大きく騰がっている今日も連動せず(マザーズ銘柄ではないが連動しやすい)、クラウド銘柄に至っては年初来マイナス40%目前に。マザーズよりかなり下げています。ソフトバンクGやAnd do HLDなど↑で全体では今日は小幅に+でした。
日本株投資

保有銘柄5020エネオス連日年高値 グロースは下げ

TOPIX+0.19%に対し保有銘柄全体は-0.06%と、逆行安に。エネオスが原油高もあり3%超↑。しかし下げた銘柄も多かった。特にグロース2銘柄はマザーズより大きく下げた。
日本株投資

決算全て出そろった保有銘柄は0.1%安

TOPIX(-0.05%)の倍の下げです。篠崎屋が1%超下げ、And do HLDが2%超下げ、主力は上がらず、ソフトバンクGは上がり、そんなこんなで。決算全て通過で今日は目立った動きなし。And do HLDの下げは気になります。業績はいいです。
日本株投資

相場観を持たない 保有銘柄決算サマリー

相場の予測をしない、本当こういう基本姿勢、忘れないでおこう、ということを忘れてしまいがちになる。「コロナ2番底」とか「米経済リセッション入り不可避」とか「低金利という手段が封じられ、ベア相場がずっと続くかも」とか言われ出していますが・・・
日本株投資

ソフトバンクG急騰などで保有銘柄はTOPIX並上昇

急上昇相場。あいかわらず主力の自動車関連銘柄はこういう時に見向きもされず変動無し。鳥羽洋行も。前日に本決算発表の丸八HDは今期減益予想で1.16%逆行安。しかし大赤字のソフトバンクGは12%以上も急反発。爆益決算を場中に発表+大規模自社株買いのエネオスも出来高を伴い6.5%ほども急伸。全体ではTOPIX弱の上昇を見せた。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました